人手不足のIT業界

IT関連の企業では慢性の人手不足です。
特にWeb業界においてPHPエンジニアの不足は深刻なようです。
どこもが即戦力になるような人材を求めているので、経験不足のPHPエンジニアには転職や就職が難しい状況のようです。
本当は企業が自社でPHPエンジニアを育てていく余裕があると良いのですが、それにはかなり大企業でなくては難しいですし、大企業になれば自分がPHPエンジニアの勉強をしたいと望んでも別の業務を与えられることもありますので、スキルを得るにはかなり難しいようです。
専門学校などで学んでも、実際に経験がないと就職や転職の際には不利なようです。
まずはWeb業界で経験を積んでからPHPエンジニアとして再就職を目指すか、会社に相談して移動させてもらうか、といったところでしょうか。
その為にもキャリアは必要ですので、LAMP環境での開発経験を2年以上は積んでおきましょう。
サーバやネットワーク、インフラの知識もあると良いので、自分の部署が関わる業務をしているのなら運用までの知識と経験を積んでおきましょう。
テーブル設計や、SQL改善経験があることも大切です。
最低でもこれくらいの経験は必要ではないかと思います。
そしてPHPエンジニアとしての実務経験が1年以上あればなお有利になるのではないかと思います。
転職や再就職も良いのですが、今いる会社が希望する業務内容を行っているのであれば、まずは部署移動を最優先に考える方が無難ではないかと思います。
日本ではまだまだ転職の回数がマイナスのイメージに繋がることが多いので、出来れば転職の回数は少なくしておく方が、本当に必要な時に困ってしまうからです。

もし、PHPエンジニアで、転職を迷われている方がいたら、PHP経験者必見!東京求人事情を見てみるのがいいでしょう。転職にマイナスイメージがあるのは日本の中では事実として存在しております。しかし、これくらい需要があればまた違うものですよ。求人を見てみれば悩みも晴れるかもしれませんね。

Blog Home