就活に際しての思い入れ

IT企業に応募しようとする際に、自分の年齢が入社を希望している企業の理想に適っているのかを考慮することがあるでしょう。

企業側が長期にわたる人材育成を視野に入れているため、なるべく年齢が若い応募者を採用するケースがあると思い、若い時の長い下積みを経て立派なエンジニアになってほしいという採用する側の気持ちを感じ取る求職者がいるのではないでしょうか。高度な技術を駆使してITの仕事をすることは楽しいはずだと思っているならば、長い教育期間を耐え抜こうとすることが窺えてきて、年齢の若さを武器にしたバイタリティに富んだ高いモチベーションを奮い立たせていくことでしょう。

ITの求人を閲覧している求職者は、「自分の年齢を考えたときに、今の時期がラストチャンスだな。俺のような年齢だからこそ、就活で絶対に成功してみせるという意地が出てくるようになるんだし、その意地をずっと持ち続けることで長い就活に耐えていけると思うんだ」と就活に際しての想いを抱くのだろうと思うのです。

年齢によっては、「本当の力を発揮してみせる!」というくらいの意識喚起をしていくでしょうし、年齢が高くても最後まで諦めないための根性を奮い立たせていこうとするのではないかと思うのです。言い換えれば、年齢次第で背水の陣のごとくに自分を律していこうとするのはよくあることだと思い、働けるならば年齢の高さを度外視していくほどの覇気を表していくことでしょう。

Blog Home